帰国の日

  • 2016.05.07 Saturday
  • 00:14
最終日は金陵東路で楽器屋巡り。


最近板胡に興味のあるらしい北の青年。

弓や弦を買い足し、ちょっと材質の珍しい駒もゲット。

上海書城で楽譜を見て、南京東路の上海民族楽器第一厰まで足を伸ばしたところでタイムアウト、陝西南路まで戻ってiapmの地下でそそくさとワンタンを食べ、帰国の途へ。

もう1日滞在するアツシ君は、「じゃ、またいつかどこかで」と言い残して上海の街に消えて行きました。いや、そのうちゼノカル公演で呼びつけるからね?

飛行機は遅れに遅れて帰宅は日付を越えてしまい、子どもらは熟睡していましたが、机の上のお手紙が出迎えてくれました。

上海到着

  • 2016.05.02 Monday
  • 08:53
昨日到着しました。半年ぶりの上海です。
二胡のコンクール第一回“言子杯”というのを聞きにきました。

夕方に上海市内に到着、銀行に行こうとしたらよく考えたら日曜日で開いておらず、SK-?の広告でちょっと話題の婚活広場ってどこかなと人民広場を偵察に。

あとで調べると土曜日開催とのこと、仕方ないので周辺をブラブラしてきました。
初めて知ったけど遊園地になってたんですね。

こんなんとか!こういうの大好きな鳴尾でも、ちょっと遠慮したいかも。

こちらは思わず子供に混じってやろうかと思いましたが、ぎりぎり思いとどまりました。


その後南京東路をブラブラ。久々に外灘まで行ってみようかなと思いましたが、さすがに五一労働節の連休で、東に進むにつれてとんでもなく人が増え、身の危険を感じるレベルになってきたので、途中で引き返しました。



晩御飯。パリパリのパンのなかにお肉が挟んであるB級グルメ的何か。

帰国の日

  • 2015.10.17 Saturday
  • 13:39
上海の旅最終日。
朝10:00にガオさんちへ。ガオさん開発の韶琴、最新作の「韶琴QQ」をお願いしており、届いたとのことで取りに伺いました。
ガオさんは宜春というところでコンサートなのでご不在です。
奥様のジェニーさんが待っていてくださいました。
いつお会いしても可愛い!ジェニーさんとしばしお話しし、韶琴QQを受け取ってお暇しました。

韶琴QQ。

なんとフレットが!子どもや初学者向けに開発されたもので、棹が短いです。
調弦や、使用する弦は普通の二胡と同じ、弓も同じものを使います。
子どもが最初に習う時は、弓を使わず弦を右手ではじくことから始めるそうです。
このフレットは着脱式で、楽器に慣れてきたら外して普通の棹に取り替えることができます。
大人用の韶琴Sと違い、胴体が二つに分かれてはいません。

何よりかわいいそのチビこさ。
小さいのに機能を備えている、というものに何より弱い鳴尾、いきなりノックアウトです。
カルメンだって弾けちゃう≪ガオさんの演奏動画

弓が普通の長さなのは持ち運び的にちょっと残念ですが、まあそこまで短くしたら普通に弾けないしね。


気に入った模様。ノン子は自分のニコにネコのシールを貼りました。

さて、今回は帰国後腕が筋肉痛になりましたが、その原因となるのがこちら。


揚琴ゲットです。
飛行機では他に預け荷物がないのに余裕で重量オーバー。

そもそも脚だけは事前に郵送しようと、前日に楽器展から箱詰めにして持ち帰り、最終日の朝から肩に担いで郵便局を探し回り、大きすぎて送れない、と二回も断られ、止む無く再び担いだまま展覧会場へ。無論そのまま帰国するため、すべての荷物も肩にのってます。

だいたい今上海では道でタクシーを拾うのが至難の技なので、ここまですべて地下鉄か徒歩移動。上海人はアプリでタクシーを呼ぶのが一般的なので、道行くタクシーは、お客が乗ってなければ予約車です。アプリは中国の携帯番号が必須だったりして旅行者にはなかなか設置できない。

展覧会場で揚琴を受け取り、空港へ。ここはさすがに会場にタクシー乗り場があったので、今回の旅で初めてのタクシー。

空港に着いて、巨大なサランラップでぐるぐる巻きにしてもらい、軽く凹むくらいの超過料金を払って預け入れ、やっと身軽に。
すでに腕が痛い(>_<)



30分遅れた飛行機に乗り込み、無事帰国しました。


揚琴さんはさすがにこんな感じで特別ドアから登場しました。

いや、揚琴持って帰ってくるのは一生に一回でいいですね!あと、一人で行くと超過料金が半端ないので、複数の時に持って帰るべき、と身を以て知りました。それでもまあ楽器自体が卸値でかなりお安かったので、よしとしよう。

来週のリハの時に、揚琴奏者の敦子ちゃんに調整してもらう予定です(^^)

上海3日目 楽器展突入

  • 2015.10.15 Thursday
  • 18:32
午前中は少々ゆっくりして、11時過ぎに音楽学院へ。
レッスンを受けていたのは、去年の夏の二胡合宿で出会った女子学生。今年は院に進んだそうです。

3人で学食2階のレストランへ。王先生セレクトで、野菜たっぷりの昼食を頂きました。


続けて国際展示場へ移動。
あまりに広くて、端っこの民楽展示館にたどり着くのに一苦労。

10を超える建物に、世界の楽器メーカーが勢ぞろい、あちらこちらでドラムやギターの音が響き、まあ喧しいこと。

やっとこさたどり着いた民族楽器館。毎年展示の目玉になっている上海民族楽器第一工場の巨大楽器、今年は革胡でした。


中国でもほとんど見られなくなった楽器ですが、第一工場はまだまだやる気らしい。
日本でのこの楽器の命運は、ゼノカルの重松が担ってます!

東京からのSさんと、上海在住の妹さん美人姉妹と合流。

話をするのにも一苦労の爆音に満たされる環境下、楽器の音色を比べるどころではありません^^;

以下、会場の様子のほんの一部。

弓奏楽器なのか撥弦楽器なのか?


十二楽坊を彷彿とさせる敦煌牌のデモンストレーション。


窓際に座って京胡を弾くおじさん。


中国語の森川先生が以前教えてくれた快板。
おじさん、お客さんぽいのにやたらうまい!いろんな技を駆使してます。
思わず動画を撮っている私に気づいて、長めにやって見せてくれました。

かっこええわ〜!

王小迪の弓が出ていると聞いていたので、Sさんに場所を教えてもらうと、ブースの中に見知った顔が。
なんと本多ゆとり君ではありませんか!お母様もご一緒です。
北京で演奏したのち、王小迪さんに誘われて、デモンストレーターとしてこちらのブースで演奏しているとのこと。いやびっくり。
せっかくなので、記念撮影をば。

ミーハーな鳴尾は、初めてお目にかかる王小迪さんにもツーショットをお願いしました。
とっても気さくな方でした。



目当ての品々を無事ゲット、大きいブツは明日空港に行く前に取りに来ることにして、Sさん姉妹と夕ご飯。

蟹〜蟹〜♪

こんなにしょっちゅう上海に来るのに、上海蟹を食べたことは1回?2回?記憶すらあやふやな遠い昔のことです。
この季節に来られたのはチャンス!ということで、妹さんお薦めの名店、「蟹府王」に連れて行って頂きました。





満足満足!お腹いっぱいになりました。

ホテルまで妹さんのマイカーで送っていただいた後、荷物を置いて、淮海中路までひとっ走り。
十字路のところで荷台に小物を並べて売っている人が何人か。


爆買いしてきました。



上海での発芽二例目は自分となりました。
とりあえず年内はうちの教室で流行ることになるでしょう(≧∇≦)


上海2日目

  • 2015.10.14 Wednesday
  • 09:44
張り切って国際展示場に到着。


一般客は明日からで入れませんでした。まだ設営中だったorz

まあ、会場の確認ということで^^;

気を取り直して街をぶらつく。
地図も計画も持たずに来たので、知っているところしか行けない。

新天地(通り過ぎただけ)

田子坊(ちょっと財布の紐を緩めてしまった。)

ホテルに戻って携帯を充電

上音留学後、こちらで働いているNさんと食事(シンガポール料理を堪能)

Nさんとっても元気そうでした(^^)
いろいろ上海での話を聞かせてもらって楽しかった。



また会いましょうね〜♪

帰り道、道端で売ってた最新ファッショングッズをゲット。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM