冬季歌モノ発表会 大成功〜

  • 2019.01.27 Sunday
  • 23:07
冬季歌物発表会。 ひたすらカラオケ伴奏で弾きまくった3時間。 楽しゅうございました。 こんな奇天烈な発表会、ほぼ内輪になるだろうと思ったら、いい具合にお客様が来てくださって、満席な感じ。 最後はやっぱりスタンディングで踊りまくり、最早なんの会だか分からない盛り上がりを見せました。 今回のこだわりポイントは、 ・飲みながら、食べながら、気楽に。 ・歌謡ショーのように流れ良く。 ・演奏は全力。 ・衣装も全力。 ・スタッフ的な仕事はなるべく省いてシンプルに。 歌謡ショーのようにしたいがために、当日の明け方に全28組分の紹介文を一気に書きました。 前奏に引っ掛けながら、司会者が言うあれ、 「命も凍る辛い恋、一人耐える女心に白い雪がただ降り積もる。〇〇さん、『雪深深』!」 「一途に慕う恋心、思いきれぬ未練が涙となって頬を伝う。追いかけて 追いかけて 追いかけて雪国!」 「強さの裏に隠された、男の弱さを包み込む、女の優しさ暖かさ、『素肌』です!」 明け方から取り掛かった割には、5分遅刻で済んだのでよかった?ちょっと前奏の長さに合わない部分もあったけど、概ね満足です。 あと、エントリーシートにもプログラムにも載っけてた名言、 「歌こそ命、我が命よ」------剛田武 誰も反応してくれなかったので、再録しとく。





艶やかな着物チーム。


カッコいい立奏チーム。


ダンサー?チーム。


最後はカオス。


この後の講師演奏は、なぜか超しんみり『防人の歌』。ええねん。好きやねん。


ジャイアンの名言が今回の主旨を端的に表してくれています。

2019 冬季歌モノ発表会

  • 2019.01.25 Friday
  • 22:58
さて、明日は鳴尾二胡教室 冬季発表会。 今回のテーマは、ずばり「歌モノ」。 毎回レッスンのたびに思うのです。本当に多くの人が、楽譜通り音程を取ることに必死で、左手にばかり気がいっており、右手は二の次で意識がほとんど向けられてない。 それでいて、二胡らしい音色が出ない、と悩んでいるわけですが、皆さん、二胡を弾く時の魂の在りどころは右手ですよ。弦と弓毛が接する、神秘なる十字に心を沿わせるのです... と言うわけで、今回の「歌モノ」縛りの発表会と相成ったわけです。 普段はテキストにある中国曲などを真面目に一生懸命練習してますが、それに比べると比較的弾きやすい、耳馴染みのある歌のメロディーを、情感を込めて奏でる発表会。 とどのつまり、左手の負荷を減らして右手の動きに集中し、二胡ならではの幅広い音色を操るコツを掴んでもらおうという素晴らしい企画! ...という建前のもとに、各自が選んだ好き勝手な曲目、並べてみると壮観です! 一応演歌を推奨しましたが、カラオケに伴奏がある曲ならなんでもOK。 第一組 1 夜桜お七 2 千曲川 3 白い恋人達 4 なみだ恋 5 愛と死のロンド 6 海 7 与作 第二組 8 もののけ姫 9 ジュピター 10 かえるの歌 11 ガンダーラ 12 You Raise Me Up 13 卒業写真 14 思秋期 15 津軽海峡・冬景色 16 雪深深 第三組 17 恋のバカンス 18 悲しくてやりきれない 19 天城越え 20 つぐない 21 雪国 22 スキャット〜真っ赤なスカーフ 23 素肌 第四組 24 朝日楼(朝日のあたる家) 25 難破船 26 if 27 奥飛騨慕情 29 新宝島 30 防人の歌 着物あり、コスプレあり、小道具あり、酒あり(笑)。観客は折詰を食べながら応援、と大衆演劇場をイメージしてます。ミラーボールも回るよ。なんなら演奏者も景気付けに煽ってくれてOK。 外部からのお客さん、めっちゃ引くと思うけど、気にしない! そんな魑魅魍魎感溢れる鳴尾教室冬季発表会は 1/26(土) 13:00開演 16:00終演予定 神戸市中央区江戸町100番地 高砂ビル2階 100BANホール 入場無料 飲食物持ち込みOK 怖いもの見たさでぜひお立ち寄りください。

2018 夏季発表会

  • 2018.07.30 Monday
  • 16:46
翌日なんか肩が痛いと思ったら、扇子の振りすぎだったらしい。

7/28は2年ぶりのKOKO PLAZAでの発表会でした。


演奏者の2人のせっかくのきめ細かなハーモニー練習の成果を、講師自らぶち壊す勢いで、ダンサーチームを率いて踊りまくって来ました。

台風直撃のニュースにも動じず予定通り開催、東から台風が襲撃する中、東海地方や関東からの参加者もいるので、電車が止まる前に一切のプログラムを終わらすべく、開演時刻も前倒しに、入りハケも迅速にしたら1時間も早く進んだよ。やったらできるやん!てか逆に今までは何だったんだ。

まず今回鳴尾の心に響いた扮装2種。


衣装から真ん中の黒羊から全部手作り!黒羊には長い髪の毛が付いていて「鳴尾先生」何だそうです。
渾身の着ぐるみのお陰で、相手の音が全然聞こえなくて実力がちっとも発揮できなかったというオチも大好きです(≧∀≦)


豊作を祝う曲。古典的中国農民の典型的なイメージを元に工夫した衣装。様々な衣装が登場する鳴尾教室の発表会でも、長靴でキメてきた人は初めてだ!

ムーンライト兄弟は、先のエレクトーン発表会と同じ曲で出で立ち(衣装の有効活用!)

ゴジラと戦う地球防衛軍のつもりの弟と、モンゴルの少年風、イナナキだけはいっちょまえな兄。


次々に披露される一芸、踊り狂う鳴尾教室。



宴はさらに盛り上がり、佳境へ。そして恒例の大阪締め。

2年ぶりの打ち上げ必須の発表会(参加費を打ち上げ費込みで集めるので、強制的に打ち上げまで残るシステム)、今回も堪能させて頂きました。
心配した雨も降らず、嵐の前の鮮やかな夕焼けを眺めながら帰途につきました。

第19回中国音楽コンクール

  • 2018.06.03 Sunday
  • 19:08
久々のコンクール挑戦。

毎年神戸で開催される中国音楽コンクールに、三宮のグループレッスン総勢9名で参加しました。


曲は「天路」。4月の発表会のために練習した合奏曲ですが、なかなかいい出来だったので、思わず鳴尾主導でエントリーしてしまいました。

予選は通過したものの、講評はかなり厳しい言葉だったのです。
そこから、衣装は揃えるわ、鳴尾はチェロのレッスンは受けに行くわ、二胡レッスンはいつにも増して厳しくなるわ、小さなチャレンジでしたが、それなりにドラマがあり、まあ結構燃えたわけです。

今日このメンバーで演奏できて楽しかった!と思えたのが何よりのご褒美。

そして、入賞できました。



なぜか発表より先に入賞者演奏会があり、そこには入らなかったため諦めていたのですが、最後の表彰式で銅賞を頂けたことが判明(^^;)みんな帰っちゃったよ。

参加された皆さん、お疲れ様でした。楽しかったね(^^)
ここ数日でわたしゃもう完全に電池切れ!

今日のレッスンで使った小物たち

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 22:19

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM